【虎に翼】つまらなさそう?面白くない?あらすじ・口コミまとめ

スポンサーリンク

2024年4月から新しくスタートするNHK朝ドラの「虎に翼」。

伊藤沙莉さんを始め、豪華俳優陣が揃った話題作に、視聴者も期待が高まっています。

口コミや評判はどうなのでしょうか?

今回は、朝ドラ放送前の口コミをまとめていきます。

放送後に視聴者のクチコミ・評判などもまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

【虎に翼】2024年4月1日からの放送が話題!

2024年4月から放送が開始する「虎に翼」ですが、放送前から視聴者の期待が高まっています。

放送前ですが、放送を楽しみにしている視聴者からは様々な期待の声が挙がっています。

しかし中には、

つまらなさそう

わからない

などの意見がありました。

なぜこのような意見があるのか考察し

「虎に翼」のあらすじ、キャストを含め、朝ドラファンの声をまとめていきます。

スポンサーリンク

【虎に翼】つまらなさそう?面白くなさそう?

虎に翼の放送前の評判で

つまらなさそう?

面白くなさそう

などの声があるのはなぜでしょうか?

まず【虎に翼】というタイトルから、あらすじから内容が想像しにくいという点が考えられます。

また、弁護士に関わる内容ですので、難しい内容と捉えられたことで「わからない」などの意見が出ている可能性がありますね。

「虎に翼」は「鬼に金棒」と同じ意味の慣用句で、

「もともと強いものがさらに力を得て、非常に強くなること。」という意味を持っています。

◆ストーリー予想◆

  • 女性初の弁護士になるための勉強に励む
  • 周囲の偏見や差別と戦う
  • 裁判で人々のために戦う
  • 恋愛や結婚を経験する
  • 家族や友人との絆を深める

ドラマへの期待

  • 主人公の寅子がどのように困難を乗り越えていくのか
  • 寅子の周りの人々との人間ドラマ
  • 時代背景をどのように描写していくのか

このような内容が考えられます。

いずれにしても、伊藤沙莉さんという実力俳優を起用している点や、俳優陣や脚本家を考えても、内容の深いドラマになると期待できるのではないでしょうか?

放送が楽しみです。

スポンサーリンク

【虎に翼】口コミまとめ

SNSでの評判をまとめていきます。

期待が高いですね。

期待半分、不安半分という感じです。

伊藤沙莉さんの主演というだけでも、期待が高まりますね。

色んな意見がありましたが、圧倒的に期待感が高く、おもしろそうという意見が多く感じました。

放送が楽しみですね。

スポンサーリンク

【虎に翼】あらすじ・キャスト

まずはじめに、「虎に翼」とはどんな物語なのか見ていきましょう。

あらすじ

「虎に翼」は、伊藤沙莉さん演じる猪爪寅子が日本人として初めて法律の世界に飛び込み奮闘する、実話に基づいたオリジナルストーリーになっています。

  • 舞台となった時代:昭和6年。
  • 主演:伊藤沙莉(猪爪寅子 いのつめ・とらこ)
  • モデル:日本初の女性弁護士・初の女性判事及び家庭裁判所長を務めた三淵嘉子(みぶち・よしこ)(1914-1984)
  • 脚本:吉田恵里香
  • 語り:尾野真千子(女優)
  • 主題歌:米津玄師の書き下ろした新曲「さよーならまたいつか!」

女学校に通う猪爪寅子は、女性は「女学校を出たら結婚し、子を産み、家庭を守るべし」という考えのもと、父・直言と母・はるに次々とお見合いをさせられるも、結婚するのは何か違うと納得できない。そんなとき、猪爪家の下宿人・優三が通う大学で、教授の穂高と裁判官の桂場に出会う。穂高から、女性が法律を学ぶ場所「明律大学女子部法科」へ誘われた寅子は、母の反対をよそに、弁護士への道を歩み始める。

NKH公式

【キャスト】

豪華俳優陣が揃い、困難な時代を力強く生き抜いた猪爪寅子を中心に物語が進みます。

放送までのカウントダウンで、主要キャストのみなさんがメッセージを発信してくれています。

既に仲の良さそうな雰囲気が伝わりますね。

放送が楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2024年4月1日から放送の朝ドラ「虎に翼」についてまとめました。

これから放送されるので、放送後の評判などもまとめていきたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは♫

管理人のユウです。

楽しい話題をお届けすることが大好きでブログを始めました。

皆様のお役に立てる情報をご提供していきます。

お楽しみくださいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次