尼神インターに何があった?解散理由は?誠子今後どうする?

スポンサーリンク

尼神インターの誠子さんが自身のSNSで渚さんとのコンビを3月末で解散することを直筆で発表しました。

誠子さんと渚さんに何があったのでしょうか?

今後はフリーとして活動するようですが、またテレビに出ることはあるのでしょうか?

今回は、尼神インター誠子さんの今後について考察します。

スポンサーリンク
目次

尼神インター解散が話題!

2024年3月28日に尼神インター誠子さんが自身のSNSでコンビを解散することを発表しました。

最近、メディア露出が減っていたので心配されていたのですが、突然の発表にSNSでも色々な声が挙がっています。

フリーでの活躍、期待しています!

解散びっくりしました!

面白かったのに…… 残念。

第二の人生、さらに輝いてくれよ

今回は、尼神インターの2人に何があったのか?

今後の活動はどうなるのか?

考察していきます。

スポンサーリンク

尼神インター何があった?

尼神インターのお二人が、それぞれコメントを出しています。

◆誠子さんのコメント◆

誠子さんのコメントは自身のSNSで発表しています。

◆渚さんのコメント◆(解散に関する内容のみ抜粋して掲載します)

本日(2024年3月28日)をもって「尼神インター」が無くなります。

同じ時代に生まれて、たまたま出会った皆さん、時間を使って気に掛けて下さった皆さん、本当に感謝致します。

ありがとうございます。

これから「尼神インター」は無くなり別々にはなりますが、偶然同じ時代に生まれたモノ同士、これからも気が向いた時があれば、思い出して頂いたり記憶に残して頂いたり様子を伺って頂けると、やる気の糧になります。

お互い支え合えたらええなぁと思ってます。

どうぞ宜しくお願い致します。

恐らくスムーズに器用にはいかへんと思いますが、変わらず人生において泥水をすすり、不味ければツバを吐き捨て、泥水を透明にして目一杯美味い泥水を飲むという作業に時間を使い、楽しく気をくるわせたいと思います。

気持ちをざっくりふわっとお伝えするものになってしまいました。

ORICON NEWS

このように話しています。

解散原因や理由は、はっきりと語られていません。

渚さんは「お互い支え合えたらええなぁと思ってます。」と話していますし、

お二人は、不仲が原因で解散をするわけではないように感じます。

もしかすると、活動の方向性の違いが重なり、お互いの進みたい道を進むための解散なのかもしれませんね。

お二人の漫才が見られなくなるのは悲しいですが、またいつかお二人でメディアに出てくれる日があるかもしれません。

これからのお二人の活動も応援していきたいですね。

スポンサーリンク

尼神インター誠子今後どうする?

渚さんは、吉本興業に残り活動を続けていくと話しています。

現在、バラエティ番組やラジオ番組を持たれているので、その活動を続けていくのでしょう。

誠子さんに関しては、フリーに転身すると話されていますね。

フリーの活動とはどんな物があるのかまとめます。

【芸人のフリー活動】

プラスの影響

  • 活動の自由度が向上
  • 収入の増加
  • 仕事の幅が広がる

マイナスの影響

  • 営業や事務作業などの負担増加
  • 知名度や露出度の低下
  • 収入の不安定化

最近の傾向

近年、お笑い芸人が事務所を退所しフリーに転身するケースが増えています。

  • インターネットやSNSの普及により、個人が情報発信しやすくなった
  • フリーランス向けのサポートサービスが充実してきた

などの理由が挙げられます。

もしかすると、SNSやYoutubeなどでの発信が増えるかもしれません。

今後の活動にも注目ですね。

スポンサーリンク

SNS反応まとめ

SNSでは様々な声が挙がっています。

まとめていまきます。

確かに実力派コンビの解散が多いですね。

残念といった声が多いように感じます。

実力のある人気のあるコンビの解散はやはりさみしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2024年3月末でコンビを解散する尼神インターの二人の今後についてまとめました。

バラバラになる尼神インターのお二人ですが、今後の活動も応援していきたいともいます。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは♫

管理人のユウです。

楽しい話題をお届けすることが大好きでブログを始めました。

皆様のお役に立てる情報をご提供していきます。

お楽しみくださいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次