清塚信也の生い立ちは?子供時代の練習時間はどのくらいだった?

スポンサーリンク

徹子の部屋に出演した清塚信也さん。

軽快なトークと優しいピアノの演奏で大人気の清塚信也さんですが、その生い立ちが壮絶だと話題になっています。

今回は、清塚信也さんのこれまでの人生について深堀りしていきます。

スポンサーリンク
目次

清塚信也の生い立ちが話題

徹子の部屋に清塚信也さんが出演されました。

素敵な笑顔と軽快なトーク、さらに優しいピアノの演奏で大人気な清塚信也さんですが、

その生い立ちが壮絶だと話題になっています。

世間では、

笑えない

成功しかたからいいけど、重すぎる

シャレにならない

など、驚きの声が挙がっています。

この一枚に清塚信也さんの素晴らしい音楽がまとめられています。

今回は、清塚信也さんという人柄を育てた生い立ちや家族に関して深堀りしていこうと思います。

清塚信也さんに興味がある方は必見です。

スポンサーリンク

清塚信也の生い立ちまとめ

清塚信也さんはどのような人生を歩まれてきたのでしょうか?

まずはプロフィールをまとめます。

【清塚信也プロフィール】

  • 名前:清塚信也
  • 生年月日:1982年11月13日
  • 年齢:41歳(2024年3月時点)
  • 出身:東京都調布市
  • ピアノを始めた年齢:5歳
  • 出身高校:桐朋女子高等学校音楽科(共学)卒業
  • 配偶者:乙黒 えり
  • 子供:2人

【清塚信也経歴】

  • 5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。
  • より「桐朋学園子供のための音楽教室」入室。
  • 中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。
  • 桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。

【受賞歴】

  • 1994年 (11歳):第48回全日本学生音楽コンクール東日本大会小学校の部第3位。
  • 1996年 (13歳):第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。
  • 2000年(17歳):第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位
  • 2004年(21歳):第1回イタリアピアノコンコルソ金賞
  • 2005年(22歳):日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位

本物の音楽を届けてくれます。

特に音楽一家でもなく、両親も音楽の経験もない家庭に生まれた清塚さん。

幼少期には両親が音楽好きで、家庭ではクラシックが流れていたそうです。

子供の頃の清塚信也さんは将来は野球選手になることを夢見ていたようなのですが、

母親が「自分が幼いころに音楽やりたかった」という理由で、ピアノをさせられることになったようです。

母は小さい頃ピアノやヴァイオリンをやってみたかったそうなのですが、祖母がそれには否定的で自身ができなかったことが理由のようです。

2歳上の姉が「子供のための音楽教室」へ通うことになり、それに同行しながら音楽感覚が養われていきました。

母親とのエピソードは?

母親のピアノ練習に対する想いは相当のようで、このようなエピソードがあります。

  • 朝は5時に起こされてピアノの練習を開始する
  • 小学生の時には毎日12時間の練習
  • 「漢字も計算も雑念だから、音符を頭に入れることだけしてなさい」
  • 「音符が逃げるから今は笑うな、人生は後で笑え」と言われ続けた
  • 音楽以外のことはほぼ禁止
  • 食事の時間は「数分で済ませるように」と言われていた
  • 小学生時代の唯一の楽しみは、食事時間の「数分間の野球中継」のみ

このように話されていました。

小学生時代の話をされていましたが、食事時間と睡眠時間以外はピアノに費やしていたと考えられます。

子供時代の練習時間はどのくらい?

練習時間に関してはっきり話されていませんが、睡眠時間が7~8時間くらいと考えたら、15時間以上は練習していたことになりますね。

小学生であれば、友達ともたくさん遊びたい時期でしょうが、ピアノ一筋で頑張っていたのでしょう。

清塚信也さんは笑顔で軽快な話口調で話されるので、深刻さは感じにくいのですが、内容はかなり壮絶に感じます。

清塚さんが5歳の時にピアノを始めていて、7歳から「子供のための音楽教室」へ通っているので、小学生の間からほぼピアノ一色の人生を送られています。

ここまで、努力できた理由は何だったのでしょうか?

清塚さんは「やめたい時はあった」と話されています。

しかし、清塚さんは

「今までの頑張りがすべて無駄になり、このままでは負け犬になってしまうと思った」

と話されていました。

ここまでの努力がないものになるなら、爪痕を残そうと更に努力を重ねた結果、世界的に活躍できるまでの才能を開花させたのですね。

努力は裏切らないのですね。

スポンサーリンク

清塚信也に関する私の見解

清塚信也さんは、音楽家、マルチタレント、社会貢献者など、様々な顔を持つ才能あふれる人物です。

本当に柔らかな表情と笑顔がステキですよね。

ピアノも柔らかい鍵盤の扱いをされますし、素晴らしい音楽を届けてくれています。

この音楽性は本人の感性や才能もありますが、相当な努力をされて手に入れたものなのだということが、

生い立ちを通じて見えてきました。

清塚信也さんのピアノは人を癒す力もありますよね。

「心の強い方は優しい」とよく言いますが”壮絶”と言われる人生を送られてきた清塚信也さん。

その経験が強く優しい清塚信也という人柄と音楽性を育ててきたと考えられますよね。

人を癒す力のある音楽を届けてくれている清塚信也さんは、今後も音楽を中心に幅広い分野で活躍し、多くの人に感動を与え続けてくれるでしょう。

今後の活躍も応援していきたいと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は清塚信也さんの人生について、詳しくみていきました。

今後の活躍も期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは♫

管理人のユウです。

楽しい話題をお届けすることが大好きでブログを始めました。

皆様のお役に立てる情報をご提供していきます。

お楽しみくださいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次